マントウの思い出

金銀マントウ

マントウは留学時代を思い出させてくれる食べ物です。毎日部屋に掃除に来てくれたお姉さんが、なぜか知らないけれどしょっちゅう持ってきてくれたのが、大きな塊のマントウでした。きっと、あまり食事に出かけないことを心配してくれたのだと思います。お姉さんの気遣いは嬉しかったけど、これでマントウには完全に飽きてしまいました。ごみ箱に捨てたら、掃除の時に見つけられてしまいます。マントウを小さくちぎってはトイレに流したり(トイレが詰まって、掃除するお姉さんにマントウを捨てていたことがばれるのではないかと青くなりました)、夜中に部屋の横にあった池の鯉にやりに行ったり(蚊にたくさん刺されましたorz)、本当に大変でした。そんな思い出を乗り越えて最近、練乳をつけて食べる揚げ饅頭が好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。