大佛寺

弥勒大佛石窟

金庸題大佛龍井

東晋永和初年の創建以来、李白が「新名迹寺、登覧景偏幽」と、孟浩然が「石壁開金像、香山倚鉄囲」と詠んだ中国でも最も早期に仏教が伝播し、江南最大の石窟弥勒大仏(その年代と規模は山西雲崗石窟や河南龍門石窟に匹敵し、四川楽山よりも200年以上早いとのことです)を有する大佛寺は、浙江省紹興市新昌の中心的存在です。
かつて新昌龍井と呼ばれていたお茶は大佛龍井と呼ばれるようになりました。
境内の龍井茶所に武侠小説家金庸の自筆も掲げられていました。

大佛寺
大佛寺是浙江省紹興市新昌的主要建筑物,这里佛教最早期传播开来而大佛寺也创立于东晋永元年,曾经被吟作了李白「新名后边寺院,登看情景偏旁幽」、孟浩然「石墙开金像,香山倚铁围墙」等,而且有着江南最大的石窟弥勒大仏(那个年代和规模与山西雲崗石窟以及河南龙门石窟匹敌,好像也超过200年从四川乐山石窟)。
大佛龙井茶以前被叫为新昌龙井茶。
武侠小説家金庸的亲笔也被院内的龙井茶所上挂到。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。