The Oldest Sweet Shop

店外観

店内

店内

瓶に入った量り売りスイーツ

イギリスヨークシャー州、ノースヨークシャーのペイテリー・ブリッジという村に1827年創業、その歴史の長さがギネスブックにも登録されているイングランド最古のお菓子屋さんがあります。
そのお菓子屋さんの建物はさらに古くて1661年に建てられたもの。
お店の中に入ると、壁にびっしりと並べられた昔ながらのお菓子の瓶に目が奪われます。
Jelly Beans、Yorkshire Mixture、Fizzy Wizzy Balls、Liquorice Torpedoes、Rhubarb and Custard、Jelly Teddies、Acid Drops、Dandelion and Burdock etc瓶に入った量り売りのSweetsだけでも200種類以上。
砂糖が薬であったり富の象徴であったのは昔、昔のこと、産業革命で労働者階級も紅茶を飲むようになってから甘い物は庶民の手に入るものになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。