マナーハウスの朝食

スモークサーモンとスクランブルエッグ

キッパー(ニシン)

エッグベネディクト

パンケーキ

マナーハウス (Manor House)は、中世ヨーロッパの荘園(マナー)の地主や貴族が建設した邸宅で、現在はそんなマナーハウスのホテルに泊まると、伝統的な英国の朝食も食べることができます。
伝統的なイングリッシュブレックファーストは、朝起きたときに飲む一杯の紅茶から始まって、ポリッジ、シリアル、フルーツ、フルーツジュース、卵料理、ベーコン、ソーセージ、キッパー、ベイクドビーンズ、トマト、マッシュルーム、ブラックプディング、スコーン、パン、そして食後の紅茶で終わります。
「イギリスで美味しい食事がしたければ、1日に3回朝食を取ればいい」作家サマセット・モームが残した言葉です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。