ダージリン誕生物語その1

インド西ベンガル州の西北部、ネパールとブータンに挟まれたダージリンの地はかつてシッキム王国の一部でした。
神聖なヒマラヤの麓に最初に足を踏み入れたヨーロッパ人ヒマラヤ探検家J.W.グラントと英国陸軍中佐G.W.ロイドによってタージリンの歴史は始まります。1829年、ロイドはシッキム国王に土地譲渡の交渉を行い、1838年からインドに住む英国人、主に東インド会社の職員のための避暑地として開発され、1839年シリグリからダージリンへの道路が完成、1840年にはドクターキャンベル(1805~1874)がダージリン開発の最高責任者としてネパールカトマンズから赴任します。ダージリンにおける茶栽培は1842年、ダージリン初代長官ドクターキャンベルが海抜2134mの庭に中国種の茶樹を植えたことから始まりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。