アズレージョ美術館

美術館内

美術館内

アレキサンダー大王のペルシア戦争図

チャールズ2世とキャサリン妃

アズレージョとはポルトガル語でタイルのこと、ポルトガルのタイルは青で描かれたものが多く、代表的な名作をリスボンの国立アズレージョ美術館で見ることができます。
小さな2枚のタイルだけど見逃せないのが、チャールズ2世(英国王在位1660~1685)とカタリーナ・デ・ブラガンザ(イギリスでは、キャサリン・オブ・ブラガンザ)のタイル画です。1640年にスペインからの独立を宣言して国王に即位したポルトガル王ジョアン4世は、スペインの脅威に対抗すべく娘のカタリーナを英国に嫁がせました。カタリーナは北アフリカのタンジール、インドのボンベイ、大量の砂糖、そして喫茶文化を英国にもたらしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。