ポルトガルの茶園

サンミゲル島

茶畑

茶畑

ゴレアナ製茶工場

1913年に公開されたニュースレターによると、サンミゲル島には10の製茶工場(José Bensaúdeジョゼ・ベンサウード、Luís Aaíde Corte-Real Estrelaルイス・アタイデ・コルト・レアル・エストレーラ、Augusto Ataídeアウグスト・アタイデ、Manuel Raposoマヌエル・ラポーゾ、José Maria Raposo de Amaralジョゼ・マリア・ラポソ・デ・アマラル、D.Ermelinda P.Gago da Camaraエルメリンダ・ガゴ・カマラ、Visconde de Faria e Maiaコンデ・デ・ファリヤ・イ・マイア、Manuel Bettencourt Nevesマヌエル・ベタンコート・ネベス等)があり、揉捻機、玉解機、篩分機、乾燥機が適切に設置されて良質のお茶を生産していたという報告があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。