リムル(Limuru)

リムルの茶畑

リムルの茶畑

リムルの茶畑

リムルの茶畑

1903年に、G.W.L.ケインによってインドから初めてお茶の苗木がケニアに持ち込まれ、リムルに植えられました。このときの茶の木の一部が大木に成長し、現在のユニリーバ社マブルーキー(Mabroukie)ティーファームの歴史的名所となっています。現在、ケニアは紅茶の生産量で世界第3位、輸出量は世界第1位、世界の茶の輸出量の20%以上を占める紅茶の大生産国になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。