広州茶博会 ミニ情報⑩

陳皮は、みかんの皮のこと、成熟したみかんの皮を乾燥させたものを言います。みかんの皮は放置して年月を経るほど良いとされるほど良い漢方薬材となり、陳皮と呼ばれます。漢方薬材以外にも、調味料やとしても用いられます。中国が生産される陳皮は、広東省新会産が最高とされています。陳皮の分類は摘採時期によって異なります。7、8、9月に摘採したものを青皮、10月下旬~11月上旬に摘採したものを一黄皮、立冬~11月中下旬に摘採したものを二紅皮、12月上旬~冬至に摘採したものを大紅皮と呼びます。
広州茶博会地元だからでしょうか、新しいものから古いものまで陳皮を使った茶や陳皮が非常にめだちました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。