広州茶博会 ミニ情報⑯

広東省新会の陳皮は、その高い薬用価値から“千年人参、百年陳皮”と評される国家地理標示保護製品。伝統的な調味料であり香料として古来より用いられています。新会陳皮の産地は、西江支流、潭江、銀洲湖と三水が交わる恵まれた自然条件を形成している場所に位置します。河が集まる土壌は肥沃で、柑橘類の栽培に最適です。“樹齢+皮齢”という陳皮収蔵の見解から、老樹の陳皮ほど市場人気があります。老陳皮作りで使われる柑皮は基本的に七年以上の樹齢の木なのですが、老樹の実皮は薄く辛味が薄れ、長く置けばおくほど薬効が増します。
陳皮の中に入れるお茶はプーアル茶が多いのですが、最近はさまざまな茶類が登場しています。今回の茶博会では紅茶、茯磚茶、天尖の一回飲み切りタイプのものを買いました^^

广东新会陈皮是国家地理标志保护产品,由于它具有很高的药用价值,又是传统的香料和调味佳品,自古以来就有“千年人参,百年陈皮”之美誉。
正宗的新会陈皮产地,处于西江支流、潭江、银洲湖三水交汇之处。受三支水源所携矿物质和微生物的千百年作用,形成得天独厚的自然地理条件。这里江河汇集,咸淡水交替,土质肥沃,最适合柑桔的种植。
“一年树,三年陈”,陈皮的收藏提倡“树龄+皮龄”的说法。所以,老树柑的陈皮柑的陈皮在专业市场大受青睐。
老皮选用的柑树树龄基本上在“七年树”以上。老树柑皮略薄而辛味减,口感更为醇厚,存放多年后药香味重。具检测,老树柑皮随着时间陈化,柑皮内黄酮类化合物和橙皮苷含量逐渐增加,除此之外,富含丰富的挥发油类、柠檬苦素类、生物碱及多种微量元素,近年来还发现了富含多种维生素、胡萝卜素和蛋白质等。
大红柑生晒部分流程图介绍
井水浸泡清洗→开盖→挖果肉弃之→井水二次冲洗→晾干果壳→填装茶叶→加盖→反复晾晒
小青柑生晒部分流程图介绍
井水浸泡清洗→开盖→挖果肉弃之→井水二次冲洗→晾干果壳→填装茶叶→加盖→反复晾晒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。