広州茶博会 ミニ情報㉒

凌雲県は広西チワン族自治区西北山地に位置する百色市にあります。世界の茶樹原産地と言われる雲貴高原に隣接する地域で、うち岑王老山、青龍山脈一帯が凌雲白毫茶の産地で、300年ほどの歴史を持つと言われています。
『中国名茶誌』には「凌雲白毫茶は凌雲県原産の歴史名茶で、清朝乾隆年間以前に始まった」とあります。
茶博会の凌雲白毫茶ブースでスタッフさんたちはヤオ族でしょうか。民族衣装がヤオ族のものに似ていました。

凌云、乐业是位于广西西北部的山区县,靠近云贵高源 世界茶树原产地,
广西桂西的岑王老山和青龙山脉一带是凌云白毫茶的故乡。时下中国属于栽培型的茶树品种有600多个,其中250栽培面积较大,已被国家审定为良种有76个。白毫茶在凌云栽培已有三百多年的历史。《中国名茶志》记载:“凌云白毛茶为历史名茶,创于清乾隆以前,原产凌云县。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。