広州茶博会 ミニ情報㉘

天台山雲霧茶ブース

天台山雲霧茶は浙江省天台山諸峰で生産されるお茶で、最高峰華頂で生産されているものが最も良いとされ、華頂雲霧、華頂茶と命名されています。
天台山での茶の歴史は江南で最も古く、『天台山全誌』に後漢末期、葛玄が植えた茶園が華頂山にあったと記載されています。南朝の高僧智者大師は華頂において、断酒座禅して、茶で眠気を妨げたと言います。天台山雲霧茶は仏教とともに東へ伝わり、804年、日僧最澄が天台山で法を学んで、帰国時は茶の種を持ち帰り、比叡山に種を蒔いたのが日吉茶園の始まりだと伝えられています。南宋代、栄西は二度来山、当時“佛天雨露”称えられていた雲霧茶の種と製法を東伝したとされています。栄西は『喫茶養生記』の中で、「茶は養生の仙薬なり。延命長寿の妙術なり」と書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。