100年茶樹を見ながら

百年茶樹

自家製紅茶

紅茶と家族写真

アウトドアランチ

インド、スリランカに次ぐ3番目の産地としてイギリス資本によって紅茶生産がケニアで始まったのは20世紀に入ってからです。
1903年にイギリス人ケインがインドから茶の種子を持ち込み、リムルに最初の茶園を始めました。訪れたキアムベツティーファームも1910年にイギリス人によって開墾されました。園主邸前にはその頃の歴史を物語る茶樹が大きく育っていて、その茶樹を眺めながらこちらで作られた紅茶をいただくことができます。
現在ケニアの輸出量は世界一です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。