南京雨花茶(拼音:nan jing yu hua cha)

針形炒青緑茶
茶区:江南茶区
産地:江蘇省南京市
产地:产于江苏省南京市
自然環境:
自然环境:茶区属北亚热带中部地区,年平均气温15℃,年降雨量991毫米。土壤属黄棕壤,pH值6.0左右。
歴史:南京で唐代より茶栽培を行っていたことが、陸羽の『茶経』からわかる。清代、江南商務局は南京に植茶公所を設け、鐘山南麓霊谷寺一帯を開墾植樹した。中華人民共和国成立後、南京市政府も茶の生産発展と名茶開発に力を注いだ末、1958年に新しい茶が開発された。茶は南京雨花台の革命烈士を記念して、南京雨花茶と名づけられた。
历史:南京在唐代就已种茶,陆羽的《茶经》中有记载。清代江南商务局在南京设有植茶公所,在钟山南麓灵谷寺一带垦荒植茶。20世纪50年代末研制,为纪念在南京雨花台殉难的革命先烈,象征先烈忠贞不屈,万古长青丽命名。
特徴:その形は松葉に似ている。外観は条索緊細圓直、峰苗挺秀、色沢翠緑、白毫顕露。香気は濃郁。滋味は鮮醇。茶殻は匀嫩明亮。
特征:其外形犹似松针,条索紧细圆直,锋苗挺秀,色泽翠绿,白毫显露,香气浓郁,滋味鲜醇,汤色绿而清,叶底匀嫩明亮。
加工:清明節前後に開き始めた一芯一葉の摘採→生葉の静置(攤放)→加熱による酸化停止(殺青)→揉捻→成形乾燥→精製。500gの茶には2.2万の芽が必要。
加工:清明前后采摘初展的一芽一叶,经摊放→杀青→揉捻→整形干燥→精制制成。每500克干茶有芽头约2.2万个。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。