莫干黄芽(拼音:mo gan huang ya)

半烘炒青緑茶
茶区:江南茶区
産地:浙江省湖州市徳清県莫干山
产地:产于浙江省湖州市德清县莫干山
歴史:清代乾隆年間の『武康県誌』に、莫干山には野茶、山茶、雨前茶、梅尖があり、寺僧が塔山に茶を植え、茶は雲霧を吸入し、それは10倍香るとある。黄茶に近いことから命名され、その後途絶えた。1979年生産復活。
历史:清乾隆《武康县志》:“莫干山有野茶,有山茶,有雨前茶,有梅尖,寺僧种茶于塔山,茶吸云雾,其芳烈十倍。”近似黄茶,故名。清尚见于市场,后失传。1979年恢复生产。
特徴:外観が蓮芯に似ている。外形は細嫩,芽壯毫顯,嫩黄油潤。茶殻は明亮成朵。滋味は鮮爽。水色は嫩黄。
特征:其芽茶形似莲心。外形细嫩,芽壮毫显,嫩黄油润,芳香叶底明亮成朵,滋味鲜爽,汤色嫩黄。
加工:一芯二葉の摘採→加熱による酸化停止(殺青)→揉捻→湿熱堆積(悶黄)→一次あぶり乾燥(初烘)→釜炒り乾燥(鍋炒)→仕上げあぶり乾燥(足烘)。
加工:采摘一芽一二叶,经杀青→揉捻→闷黄→初烘→锅炒→足烘制成。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。