平水珠茶(拼音:ping shui zhu cha)

茶区:江南茶区
産地:浙江省紹興市紹興県平水鎮
产地:产于浙江省绍兴市绍兴县平水镇
歴史:紹興南東の著名な集落として平水は唐代にはすでに茶葉加工貿易の集散地だった。清代から中華民国時期までの300年間、諸曁、嵊州、汆姚、天台など周辺で産する珠茶の多くが平水に集まり精製加工を経て輸出された。そのため、浙江で産する珠茶は国際貿易でしだいに“平水珠茶”と呼ばれ現在に至る。数百年来、輸出は衰えず、主要輸出緑茶製品である。
历史:作为绍兴东南的一个著名集镇,平水早在唐代就已经是茶叶加工贸易的集散地了。清代至民国时期的近300年间,诸暨、嵊州、汆姚、天台等周边县市所产珠茶,多集中在甲水进行精制加工、转运出口。因此,浙江所产的珠茶在国际贸易逐渐以“平水珠茶”相称,一直沿用至今。几百年来,外销不衰,成为我国主要出口绿茶产品。
特徴:真珠形の外観から圓茶とも呼ばれる。外観は、顆粒腰圓、緊結重実、墨緑光潤。水色は嫩緑微黄。香気滋味は濃郁。茶殻は嫩匀。“緑の真珠”
特征:索以形似珍珠,故又称“圆茶” ,其外形颗粒腰圆,紧结重实,墨绿光润。汤色嫩绿微黄,香味浓郁,叶底嫩匀。被誉为“绿色的珍珠”。
加工:平水珠茶には初製と精製の二次加工があり、重要な工程は初製で、殺青→揉捻→乾燥3工程。乾燥工程は“炒二青”、“炒三青”、“炒対鍋”、“炒大鍋”の4工程に分かれている。手で釜炒りするならば10時間以上を要する。
加工:平水珠茶需经过初制和精制二次加工,而关键性的工艺是初制。要经过杀青、揉捻、干燥3个过程。而干燥工序又可分“炒二青”、“炒三青”、“炒对锅”、“炒大锅”4个工艺工程。手炒一锅珠茶约需10余个小时。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。