瀑布仙茗(拼音:pu bu xian ming)

炒青緑茶
茶区:江南茶区
産地:浙江省余姚市四明山
产地:产于浙江省余姚市四明山
歴史:陸羽の『茶経』には、余姚では大茶樹の芽葉で作った茶の品質は優れ、仙茗と称すると記載されている。現在の瀑布仙茗は1979年に誕生。
历史:陆羽在《茶经》中说,余姚用大茶树的芽叶制成的茶叶,品质特优,称之仙茗。现今的瀑布仙茗创于1979年。
特徴:外観は緊細、苗秀略扁、色沢緑潤。香気は清鮮。滋味は鮮醇。水色は緑而明亮。茶殻は嫩匀成朶。
特征:外形紧细,苗秀略扁,色泽绿润。香气清鲜,滋味鲜醇;汤色绿而明亮,叶底嫩匀成朵。
加工:穀雨前に摘採、500gの茶に約2万芽を要する。
一芯一葉から一芯二葉の摘採→加熱による酸化停止(殺青)→軽揉捻→炒り失水(炒二青)→軽揉成形(理条)→炒り乾燥(炒干)。
加工:谷雨前采摘,每斤约2万芽。主要有手工抛、抖、理、按、搓、截、抓、翻、甩等。采摘标准为一芽一、二叶,杀青→轻揉→炒二青→理条→炒干制成。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。