梨山烏龍茶(拼音:li shan wu long cha)

台湾烏龍
茶区:台湾
産地:台湾台中県
产地:台湾台中县
歴史:梨山には、天池という池があり、そのほとりにはかつて台湾を統治していた蒋介石がしばしば憂国憂民したとされたことから達観亭と名づけられた亭が建っている。天池は海抜2600m、付近の茶園は台湾最高、世界無二と言っても過言ではない。市場では1500m以上から梨山茶として売られているが、厳密に梨山茶の生産者と言われるのは海抜2000m以上の茶園だけである。70年代中期、人の手によって梨山に茶樹が植えられた。その中の一人として有名なのが陳金地で、陳金地は生命の危険も顧みず梨山特産の水蜜桃を散歩中の蒋介石に差し出して名を成した人物。
特徴:台湾中央山脈の梨山、阿里山、杉林渓など標高1000m以上の茶園で生産された茶を高山茶と言う。梨山烏龍茶は標高2000m以上の高地で生産されている。外観は半球形、深緑。水色は金黄。花香が突出している。滋味は濃醇。
历史:
特徴:外観は半球形に緊結、色沢深緑。水色は金黄。香気は花香突出。滋味は濃醇、耐泡。
特征:紧结呈半球形,色泽深绿,汤色金黄,花香突出,滋味浓醇且耐泡。
加工:発酵度20~40%。摘採葉は、日光萎凋落後室内萎凋を行う。加熱による酸化停止(殺青)→重揉捻、布包団揉を繰返す→弱火あぶり乾燥(文火烘干)。
加工:20%~40%发酵。鲜叶经日光萎凋后在室内萎凋。摇奇数次,再行杀青、重揉捻、反复布包团揉,最后经文火烘干制成。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。