鳳凰単欉(拼音:feng huang dan cong)

条形烏龍茶
茶区:華南茶区
産地:広東省潮州市潮安県鳳凰山
产地:产于广东省潮州市潮安县凤凰山
歴史:茶の歴史は古く、宋種単欉は、宋の時代に皇帝が広めたことから宋種という名前がついたと言われている。南宋末年(1278年)、元軍に追われた皇帝は南に逃れ、鳳凰山までやって来たとき、喉の渇きを覚え、水もなく苦しんだ。侍従たちは山上にある茶樹を見つけ、咀嚼した生唾で渇きを止めた。これより人々は宋茶というようなったという伝説がある。
历史:潮安县产茶历史久远。相传南宋末年(1278年),宋帝南逃,路经凤凰山时口渴思饮,苦无水源,侍扶们在山上找到一种树叶,嚼露生津止渴,自此后人传裁,称为“宋茶”。
特徴:鳳凰水仙茶樹から特に優れた樹を選んで栽培し、一本の木から摘採した葉だけを用いて作る茶を鳳凰単欉という。同じ鳳凰単欉という名を冠した茶でも、茶葉を摘採する木が違えば、味わいも香りも異なる茶となる。現在その種類は80を超えるという。葉の形状から名づけられた名前は山茄葉、傳樹葉、桔仔葉、金辺仔、柿葉、柚葉、竹葉など25種類。十大香と言われる黄枝香、桂花香、米蘭香、芝蘭香、茉莉香、玉米香、杏仁香、遲朴香、肉桂香、夜来香がある。山韻とよばれる鳳凰単欉独特の香りや味の余韻がある。外観は挺直肥碩、鱔皮色。香気は優雅花香。滋味は濃郁、甘醇、爽口。茶殻は青蒂緑腹紅鑲辺。条形、黄褐色。
特征:因选用树型高大的凤凰水仙群体品种中的优异单株单独采制而得名。现今凤凰单丛多个品系(株系).有以叶片形态命名的,如山茄叶、传树叶、桔仔叶、金边仔、柿叶、柚叶、竹叶等25种;有以香气类似某种花香命名的,如黄枝香、桂花香、米兰香、芝兰香、茉莉香、玉米香、杏仁香、暹朴香、肉桂香、夜来香等所谓十大香型。有80多个品系,如黄枝香、肉桂香、芝兰香、杏仁香、茉莉香、通天香等。挺直肥硕,黄褐似鳝鱼皮色,有天然优雅花香,滋味浓郁、甘醇、爽口,具特殊山韵蜜味,汤色清澈似茶油,叶底青蒂绿腹红镶边,耐冲泡。
加工:摘採は通常午後に行い、露や雨に濡れた葉は摘まない。
日光萎凋(晒青)→室内萎凋(涼青)→撹拌(做青)→加熱による酸化停止(殺青)→揉捻→あぶり乾燥(烘焙)。
加工:鲜叶采摘一般在下午进行,不采露水叶、雨水叶。经晒青→凉青→做青→杀青→揉捻→烘焙制成。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。