九曲紅梅(拼音:jiu qu hong mei)

細条形紅茶
茶区:江南茶区
産地:浙江省杭州市銭塘江畔
产地:产于浙江省杭州市钱塘江畔
歴史:九紅、九曲烏龍ともいう。ルーツは福建省にある武夷山九曲の紅茶。太平天国の乱を避けて北へ逃げた福建省の農民が杭州市郊外大塢山付近に定住して紅茶を作ったのが始まり。ルーツとなった場所である九曲渓、紅く清々しい香が紅梅のようであることから九曲紅梅と名づけられた。
历史:亦称“九红”、“九曲乌龙”。原来是在福建省的武夷山九曲的红茶。太平天国期间,福建农民北迁,有的落户杭州市郊湖埠大坞山,以生产红茶谋生,“九曲红梅”遂传名于市,成为名品。色红香清如红梅,故名。
特徴:小葉種。同じ杭州産の獅峰龍井とともに“一紅一緑”といわれる名茶。外観は条索細緊、色沢烏潤。香高味醇、有如紅梅。水色は紅艶。茶殻は紅明。
特征:条索细紧,色泽乌润。香高味醇,有如红梅。汤色红艳,叶底红明。
加工:柔らかい芽葉の一芯二葉の摘採→萎凋→揉捻→発酵→烘焙(乾燥)。
加工:采摘细嫩芽叶一芽二叶标准,经萎凋→揉捻→发酵→烘焙制成。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。