雲南工夫紅茶(拼音:yun nan gong fu hong cha)

条形紅茶
茶区:西南茶区
産地:雲南省臨滄江沿岸の臨滄、保山、普洱、西双版納、徳宏、紅河
产地:产于云南澜沧江沿岸的临沧、保山、普洱、西双版纳、德宏、红河
歴史:滇紅ともいう。1939年生産開始。民国27年(1938年)経済部所属中国茶業公司と雲南省経済委員会合資で雲南中国茶業貿易股份有限公司創建、同年中国茶業公司は順寧(現鳳慶)、佛海(現勐海)等の茶産地を調査、雲南大葉種による紅茶生産を試み、工夫紅茶生産に成功した。
历史:亦称“滇红”。1939年研制。民国二十七年(1938年)经济部所属中国茶业公司与云南省经济委员会合资,创建云南中国茶业贸易股份有限公司,同年中国茶业公司派人分别到顺宁(今凤庆)、佛海(今勐海)等茶区调查,研究利用云南大叶种茶鲜叶改制红茶的可行性,经过一段时间的试验研究,工夫红茶试制成功。
特徴:大葉種。外観は条索緊肥碩、色沢油潤、金毫顕露、苗鋒秀麗。水色は紅艶透明。滋味は醇厚回甜。香気は馥郁持久。茶殻は紅匀明亮。
特征:条索紧直肥硕,色泽油润,金毫显露,苗锋秀丽,汤色红艳透明,滋味醇厚回甜,香气馥郁持久,叶底红匀明亮。
加工:開き始めた一芯二葉から一芯三葉の大葉種や同葉質嫩度の単芽を摘採。
萎凋→揉捻→発酵→乾燥。
加工:采摘云南大叶种一芽二叶开展、一芽三叶初展和同叶质嫩度的单叶,经萎凋→揉捻→发酵→干燥制成。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。