紅砕茶(拼音: hong sui cha、dian hong)

小顆粒形紅茶
茶区:西南茶区、華南茶区
産地:雲南省、広東省、海南島、広西チワン族自治区、貴州省、湖南省、四川省、湖北省、福建省
产地:产于云南、广东、海南、广西、贵州、湖南、四川、湖北、福建等地
歴史:分級紅茶、紅細茶とも言う。統一国際等級規格がある。中国では1957年以後試作を始め、1964年以後比較的大量生産が行われ、中国の主要輸出茶類となった。中でも雲南、広東、海南、広西で大葉種原料で製茶したものの品質が比較的良い。
历史:亦称“分级红茶”、“红细茶”。 有统一的国际分级规格。中国1957年以后开始试制,1964年以后才有较大量的生产,成为中国的主要出口茶类之一。其中以云南、广东、海南、广西用大叶种鲜叶为原料制成的品质较好。
特徴:香高く、滋味は濃強鮮爽、水色は紅艶明亮。細かく砕けているため、茶は浸出しやすく、ティーバッグ向けで、国際茶葉市場の主要茶類である。
特征:香高,滋味浓强鲜爽,汤色红艳明亮。因其细碎,冲泡时茶汁易浸出,故宜于加工成袋泡茶,是国际茶叶市场的主要茶类。
加工:摘採→萎凋→揉捻→破砕→発酵→あぶり乾燥(烘干)。精製加工後、茶の形状で葉茶(Pekoe)、碎茶(Broken Pekoe)、片茶(Fannings)、粉茶(Dust)の4種類に分ける。
加工:鲜叶经萎凋→揉捻后→切碎→发酵→烘干成毛茶,精制加工后,根据茶条形态分类产生叶茶、碎茶、片茶、末茶四类成品花色。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。