普洱散茶(熟茶)(拼音:pu er san cha(shu cha))

条形黒茶
茶区:華南茶区
産地:雲南省普洱、西双版納、昆明、宜良
产地:产于云南普洱、西双版纳和昆明、宜良
歴史:生産の歴史は古く、古今内外で有名であった。南宋代李石の『続博物誌』には西藩は唐代から普茶を飲用していたとある。西藩は康蔵の少数民族を指し、普茶は普洱茶を指す。このことから唐代からすでに普洱茶が生産販売されていたことがわかる。清代趙学敏の『本草綱目拾遺』に、普洱茶は雲南普洱府……篠楽、革登、倚邦……六茶山に産すると書かれている。
历史: 生产历史悠久,古今中外负有盛名:据南宋李石《续博物志》记载:“西藩之用普茶,已自唐朝。”西藩是指康藏地区的少数民族,普茶是指普洱茶。这说明唐朝时期已有普洱茶的产与销。清代赵学敏《本草纲目拾遗》中写道:“普洱茶出云南普洱府……产筱乐、革登、倚邦……六茶山”
特徴:大葉種。まろやかな甘みとほのかな陳味。茶褐色で細かな形状。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。