雲南沱茶(拼音:yun nan tuo cha)

緑茶緊圧茶
茶区:華南茶区
産地:雲南省下関、勐海、臨滄、鳳慶、普洱、南潤、昆明
产地:产于云南下关、勐海、临沧、风庆、普洱、南润、昆明等地
歴史:下関沱茶ともいう。沱茶は明代の普洱団茶や清代の女兒茶が変化したもの。清代阮福は『普洱茶記』に、「大きく円いのが緊団茶、小さく円いのが女兒茶、女兒茶は穀雨前に婦女が摘む…」と書いている。大理は雲南-ミャンマの交通の要衝で、雲南ーチベットの起点、雲南西部交通の中枢で経済文化の中心である。下関は中国とインド、ミャンマの中継地のひとつ。中華人民共和国成立後、康蔵茶廠は雲南省下関茶廠と改名した。1955年、永昌祥、復春和、茂恒など老舗の製茶廠が下関茶廠に吸収された。計画経済時期、雲南沱茶の加工はすべて下関茶廠で集中生産された。
历史:亦称下关沱茶。沱茶系由明代的“普洱团茶”和清代的“女儿茶”演变而来。清代阮福《普洱茶记》:“大而圆者名紧团茶,小而圆者名女儿茶,女儿茶为妇女所采于雨前得之…”。大理位于滇缅公路要冲,滇藏公路起点,为现时滇西交通枢纽和经济文化中心。下关是中国与印度、缅甸交通驿站之一。中华人民共和国成立后,康藏茶厂改名为云南省下关茶厂。1955年,永昌祥、复春和、茂恒等大商号的茶叶加工厂并入下关茶厂。计划经济时期,云南沱茶全部集中在下关茶厂加工。
特徴:大葉種。緊圧緑茶。下関沱茶が最高品。形は碗型をして、外部包装紙に厚手の黄色い油光紙を使用している。基本的にその等級は甲乙丙の3つに分けられる。形は碗形、直径8㎝、高さ4.5㎝、重量100g。外観は緊結端正、色沢烏潤、外披白毫。香気は馥郁。水色は橙黄明亮。滋味は醇爽回甜。
特征:状似碗臼,下有凹窝,外径8厘米,高4.5厘米,每个重100克。分甲沱、乙沱。外形紧结端正,色泽乌润,外披白毫,香气馥郁,汤色橙黄明亮,滋味醇爽回甜。
加工:雲南大葉種青毛茶1級と2級各50%→ブレンド(拼配)→篩分け(篩分)→不純物除去(揀剔)→積み上げ(拼堆)→蒸し揉捻(蒸揉)→緊圧成形(圧製成型)→乾燥。
加工:采用云南大叶种青毛茶一级和二级各50%,经拼配→筛分→拣剔→拼堆→蒸揉→压制成型→干燥制成。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。