七子餅茶(拼音:qi zi bing cha)

餅形緊圧茶
茶区:華南茶区
産地:雲南省
产地:产于雲南省
歴史:少数民族文化では“七”は吉祥の数字であることから、雲南の少数民族間では七子餅茶は結納品、新年や節句の贈り物として使われた。七子餅茶の原産地は雲南省西双版納地区で、易武が最も多かった。現在は勐海県、昆明市、景東県、下関などでも生産されている。華僑は七子餅茶を“合家団圓(一家団欒)”の象徴と見ていることから、主な輸出先として香港、マカオ、東南アジア一帯がある。このことから僑銷圓茶、僑銷七子餅茶ともいう。
历史:在云南少数民族文化中,“七”是一个吉祥的数字,因此,在云南少数民族中,七子饼茶常作为儿女结婚时的彩礼和逢年过节的礼品。 七子饼茶原产于云南省西双版纳地区,以易武为最多,现主要由云南省勐海县生产,昆明市、景东县、下关(今大理市)等也有压制。 七子饼茶畅销于港、澳、台及东南亚地区,在海外华人中被视为“合家团圆”的象征。因此,七子饼茶又称“侨销圆茶”、“侨销七子饼”。
特徴:大葉種。餅形緊圧茶。七子餅茶の重量は357g、7枚1筒であることから七子餅茶と言う。1筒の重さは2500g、主に勐海茶廠で生産した。“青餅”と“熟餅”がある。外観は圓整、湎面均勻顕毫、尚烏油潤、有白毫。水色は橙紅明亮。香気は純正、陳香味。滋味は醇和可口。茶殻は豚肝色、尚嫩欠勻。
特征:分“青饼”、“熟饼”。规格:直径20厘米,中心厚2.5厘米,边厚1.3厘米,块重357克,包装时每简装7块。因这种园饼茶比小饼茶大,所以也称大饼茶或七子饼茶。外形圆整,洒面均匀显毫,色泽尚乌油润,有白毫。汤色橙红明亮,香气纯正,有特殊的陈香味,滋味醇和可口,叶底猪肝色尚嫩欠匀。
加工:普洱散茶原料を蒸気加熱とあぶり乾燥で緊圧する。
3級~8級の雲南日干し荒茶→篩分け(篩分)→ブレンド(拼配)→(潮水渥堆)→蒸気緊圧(蒸圧)→乾燥定型(乾燥定型)。
加工:以普洱散茶为原料经蒸压、烘干加工而成的为压制。
其原料选用3~8级滇青毛茶,经筛分→拼配→潮水渥堆→蒸压→干燥定型制成。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。