普洱方茶(拼音:pu er fang cha)

緊圧茶
茶区:華南茶区
産地:雲南昆明茶廠、勐海茶廠
产地:产于云南昆明茶厂、勐海茶厂
歴史:普洱貢茶、四喜方茶とも言う。昆明茶廠の生産。清朝時代、民間では普洱貢茶と称していた。皇帝が臣に下賜する贈り物という意味である。「福禄寿喜」4文字は吉祥を意味し、四喜方茶とも言う。中華人民共和国建国後、中茶牌の商標が使われるようになり、「中茶」(中国茶業公司の意味)の2字が押されるようになった。背面は「普洱方茶」の4文字が押され、現在の普洱方茶の形になった。
历史:原名“普洱贡茶”,亦称“四喜方茶”。
特徴:大葉種。緊圧茶。厳選された一、二級の雲南大葉種晒青荒茶を原料に、正方形に蒸圧して作られる。長さ各10.1㎝、重量250g、圧製茶の中で高級とされる。外観は白毫顕露。香気は純濃。水色は黄明。茶殻は嫩匀尚亮。
特征:方砖块状,有两种规格,10.1厘米×10.1厘米×2.2厘米,每块净重250克;2.5厘米×8.5厘米×2厘米,净重100克。茶块正面压模有“普洱方茶”字样。白毫显露,香气纯浓,滋味浓厚,汤色黄明,叶底嫩匀尚亮。
加工:雲南大葉種一級晒青荒茶原料→篩分け(篩分)→選別不純物除去(揀剔)→ブレンド(拼配)→高温蒸気緊圧(高温蒸圧)→あぶり乾燥(烘干)。
加工:以云南大叶茶一级晒青毛茶为原料,经筛分→拣剔→拼配→高温蒸压→烘干制成。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。