安吉白片(拼音:an ji bai pian)

半烘半炒緑茶
茶区:江南茶区
産地:浙江省湖州市安吉県
产地:产于浙江省湖州市安吉县
歴史:銀坑白片ともいう。唐代陸羽の『茶経』にも茶産地として登場する。1980年生産復活。
历史:亦称银坑白片。唐代陆羽《茶经》:“浙西以湖州上……生安吉、武康二县山谷”。1980年恢复研制。
特徴:外観は挺直扁平、似蘭花、色綠翠、白毫顕露。水色は清澈明亮。香気は清香四溢。滋味は鮮甜爽口。茶殻は芽葉肥壯、嫩緑明亮成朶。
特征:条索挺直扁平,似兰花,色绿翠,白毫显露,汤色清澈明亮,清香四溢,滋味鲜甜爽口,叶底芽叶肥壮,嫩绿明亮成朵。
加工:加熱による酸化停止(殺青)→散熱(清风)→挺直化(圧片)→一次あぶり乾燥(初烘)→散熱(攤涼)→仕上げあぶり乾燥(復烘)
加工:经杀青→清风→压片→初烘→摊凉→复烘制成。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。