浮来春(拼音:fu lai chun)

茶区:江北茶区
産地:山東省日照市莒県
产地:产于山东省日照市莒县
歴史:「南茶北引(南の茶を北へ)」政策で生まれた日照市の新茶。1966年安徽省から屯緑品種を導入して浮来春開発に成功した。
历史:是日照南茶北引后的新创名茶。当地群众为发展茶产业,1966年从安微省引进屯绿品种,种植成功后开发了浮来春。
特徴:外観は緊細巻曲、色沢翠緑、茸毛顕露。水色は嫩緑明亮。香気は高長、栗香。滋味は鮮爽。茶殻は嫩匀。
特征:条索紧细卷曲,色泽翠绿,茸毛显露,汤色嫩绿明亮,香气高长,有栗香,滋味鲜爽,叶底嫩匀。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。