虫茶(拼音:chong cha)

茶区:西南茶区
産地:貴州省、湖南省、広西チワン族自治区
产地:贵州省、湖南省、广西壮族自治区
歴史:産地少数民族のイントネーションを直訳して虫屎茶、また龍珠の美名もある。明朝早期に書かれた李時珍の『本草綱目』には虫茶は良い医薬健康飲料とされている。
历史:产地少数民族语音直译,虫屎茶,“又美名”龙珠”。早在明朝,李时珍的《本草纲目》中就认为虫茶是一种很好的医药保健饮料。
特徴:
特征:虫茶味清香,类似茶叶。
加工:野藤、古い茶樹やノグルミ(化香樹)などの枝葉を竹かごあるい茶葉を一面置くと、変香蛾がそこに産卵する。幼虫は茶葉を噛んでかす(珠状)にして、カモフラージュする。残ったかすを篩って、その糞を取る。
加工:把野藤、陈年的陈茶和化香树等枝叶置于裸露的竹篮或将茶叶一片片串起,化香夜蛾织网产卵,成蛆后,幼虫咀咬茶叶成渣(珠状),沾挂在网外做保护伪装。用筛子筛子去残渣,取其虫屎。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。