武夷岩茶(拼音:wu yi yan cha)

条形烏龍茶
茶区:江南茶区
産地:福建省武夷山市武夷山
产地:产于福建省武夷山市武夷山
歴史:岩茶、武夷茶とも言う。武夷山周辺の60k㎡、平均海抜650m、360の峰、99の名岩、岩々には茶があって、茶は岩名によって、岩は茶によって現れ、岩茶と命名された。唐代に武夷山区はすでに製茶が開始され、上層階級への贈答品となり、宋代には貢品に列せられた。元代1302年、武夷山九曲の四曲に御茶園が建てられ、その地位は不動のものになった。明清代以降その名は岩(産地)の持ち主(主に寺など)によって名づけられ、現在にいたる。武夷山岩茶名の多さは目を見張るほどで、たとえば慧苑岩(武夷の茶産地は“三坑二澗”で慧苑坑、牛澗坑、大坑、流香澗、悟源澗)の岩茶名は830もあった。
历史:亦称“岩茶”、“武夷茶”。 武夷山方圆60平方公里,平均海拔650米,有三十六峰、九十九名岩,岩岩有茶,茶以岩名,岩以茶显,故名岩茶。唐代武夷山区已开始制茶,为上层社会馈赠珍品。宋代列为贡品。元代予武夷九曲溪之四曲畔设置御茶园专事贡茶的采制。明末清初开始研制乌龙茶。岩茶茶树既有适制乌龙茶的无性系良种(水仙、肉桂),亦有有性群体(武夷菜茶)。武夷岩茶习惯上称“奇种”,有单丛奇种、名丛奇种之分。其中大红袍、铁罗汉、白鸡冠、水金龟称“四大名丛”,为稀贵珍品。
特徴:現在武夷茶の名前の分類は8つに分けられている。
・生息環境によって命名
不見天、石角、水中仙、金鎖匙、過山龍、嶺山梅、半天妖、半天腰、吊金鐘
・形態によって命名
醉海棠、醉貴妃、鳳尾草、玉麒麟、醉洞賓、釣金亀、国公鞭、一枝香、水金亀
・葉形によって命名
瓜子金、白鶏冠、毛蟹、老君眉、竹絲、金銭草、金柳条、白柳条、倒叶柳
・葉色によって命名
太陽、太陰、緑蔕梅、白吊蘭、水紅梅、黄金錠、状元紅、紅鶏冠
・発芽時期によって命名
不知春、迎春柳、正次春
・香りによって命名
肉桂、石乳香、白瑞香、正瑞香、八歩香、四季春、満樹香、正束香、金丁香、一枝香、奇蘭香、千里香、十里香、白麝香、夜来香、月上香、満上香、満山香、素心蘭、木瓜、玉桂、百歳香
・植えられた時期によって命名
正唐樹、正唐梅、宋玉樹、正宋樹
・特長と神話伝説が結びついた命名
大紅袍、白鶏冠、紅孩兒、水金亀、鉄羅漢、呂洞賓、白牡丹、白観音、紅孩兒等
特征:現在武夷茶的名字的分类有8种。
以茶树生长环境命名的有不见天、石角、水中仙、金锁匙、过山龙、岭山梅、半天妖、半天腰、吊金钟
以茶树形态命名的有醉海棠、醉洞宾、醉贵妃、钓金龟、玉麒麟、国公鞭、凤尾草
以茶树叶形命名的有瓜子金、金钱草、竹丝、金柳条、白柳条、倒叶柳
以茶树叶色命名的有太阳、太阴、白吊兰、水红梅、绿蒂梅、黄金锭
以茶树发芽迟早命名的有迎春柳、不知春
以毛茶香型命名的有肉桂、石乳香、白瑞香、正瑞香、八歩香、四季春、满树香、正束香、金丁香、一枝香、奇兰香、千里香、十里香、白麝香、夜来香、月上香、满上香、满山香、素心兰、木瓜、玉桂、百歳
以传说栽植年代命名的有正唐树、正唐梅、正宋树
以神话传说或其他因素命名的有大红袍、白鸡冠、水金龟、吕洞宾、白牡丹、白观音、红孩儿
优质岩茶香气馥郁胜似兰花而深沉持久。浓饮不苦不涩,味浓醇清活,有石骨花香之誉,称为岩韵。多次冲泡,余韵犹存。
加工:福建省武夷山中で育った茶葉で作った烏龍茶。
加工:用产于福建武夷山岩壑中的鲜叶制成的乌龙茶。鲜叶采摘标准为新梢伸育成驻芽时的开面三四叶。制茶工艺除与一般乌龙茶相似外,其特点是在做青后进行双炒双揉和在毛火、足火之后用低温慢,烤(称“吃火”或“炖火”),趁热装箱或堆积后装箱。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。