ネパールのお茶時間🍵

お茶屋さん

ジュンチヤバリの茶摘み

イラムの人

カトマンズの人

ネパールの茶産地は東部山岳地方とタライ平原にあります。主な茶産地はメチ県(イラムとパンチタール)、コシ県(ダンクタとテラトゥム)、タライ平原(ジャバ郡)にあります。ネパールの代表的なお土産物としてヒマラヤンティーと名付けられた包装で置かれていたりするのもこれら産地のお茶です。
ネパールの人はどのような時にお茶を飲むのでしょう?食事中にお茶を飲むことはあまりないのだそうです。お茶が飲まれる時間としては、朝目覚めた時に飲むストレートの紅茶、朝のミルクティー、11:00~12:00の休憩、15:00~16:00の休憩、帰宅後などがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。