コルカタの10月はドゥルガー・プージャ

インド人の多くが進行するヒンドゥー教。ヒンドゥー教の神様はいっぱいいらっしゃり、それぞれの神様を礼拝するPUJA(プージャ)というお祭りが行われます。旅先の東インドの大都市コルカタでプジャの新聞記事を見て調べれば、10月にはドゥルガー・プージャ(シバ神の神妃)という東インド最大のお祭り行われることに気づきます。ドゥルガーは、3つの目と、10本あるいは18本の腕を持ち、虎もしくはライオンに乗る姿で描かれます。マリーゴールドはヒンズーでは縁起の良い花、お寺や自宅の神様にもお供えする為に一年中花輪が売られています。プージャにも欠かせない花、日常でも商売繁盛のお守りで、チャイ屋台でも花輪をたくさんかけるのを見かけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。