アッサムティーの父が眠る地

ティープランターの墓

英国人墓地

テジプール

テジプール

チャールズ・アレキサンダー・ブルースは1824年、ジュンポー族の首長ビーサ・ガムから茶樹と茶の種子を入手して自ら栽培。1835年よりアッサムでの茶栽培監督官に就任し、1836年アッサムのサディアで茶樹の栽培を始め、1839年にはロンドンでの高い評価を受けました。
1845年にアッサムティーカンパニーを解雇された後もアッサム地を去りませんでした。アッサム種を発見し、その栽培に生涯をささげた人は今もアッサム、妻エリザベスと隠遁したテジプールに眠っています。
教会の英国人墓地には故郷から遥か遠く離れた地に人生を捧げた人々が眠っています。そこには、若くして亡くなったティープランターのお墓もありました。それは、また別の物語🍃

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。