プーアル茶年表⑩

1952年
「省茶司」は各茶葉公司の輸出を統括すると同時に、雲南省進出口公司に七子餅茶6528筒(326担)の輸出を委託した経緯があった。金額は0.94万ドル。1952年~1955年の私営茶商による3回の輸出16.90万ドルを合計すると17.84万ドルに上る。【雲南省茶葉進出口公司誌 P160】5月10日、勐海茶廠が正式に再建され生産を開始する。相前後して勐海、曼方、曼邁、勐混、勐往、安康、南糯山、易武、景洪、勐灑、曼恩、曼稿、茶山13ヶ所が晒青荒茶の買付地となる。勐海茶廠は現在、全省で生産種類が最も多く、雲南で最も早く茶葉の初工程と精製を一体化した茶廠である。【雲南省茶葉進出口公司誌 P34】下関茶廠が七子餅茶生産を開始、青餅と熟餅に分けられる。二種類の七子餅茶は加工技術が異なるが、ともに手作業で行なわれた。【雲南省下関茶廠誌 P107】
省茶司在调供口岸茶叶公司出口的同时曾委托云南省进出口公司代销出口七子饼茶六五二八筒(三百二十担),金额〇.九四万美元,加上一九五二年至一九五五年私商出口三笔,一六.九〇万美元,合计收汇一七.八四万美元。五月十日,勐海茶厂正式恢复开工生产。并先后在勐海、曼方、曼迈、勐混、勐往、安康、南糯山以及易武、允景洪、勐洒、曼恩、曼稿、茶山等十三个点设站收购青毛茶。勐海茶厂现在为全省加工产品种类最多的茶厂,也是云南最早实行茶叶初、精制合一的茶厂之一。下关茶厂开始生产七子饼茶,该茶分为青饼与熟饼。两种七子饼茶加工工艺是不同的,均是采用手工揉制。
1953年
雲県、緬寧の私営茶商は茶を買付けるのに16~28両を1斤とする古秤を使っていた。【雲南省茶葉進出口公司誌 P18】12月、下関茶廠は餅茶を布袋から揉んで圓形にした後18㎏の鉛で加圧する方法をやめ、アルミニウムの蒸籠で直接蒸圧する方法を導入する。【雲南省下関茶廠誌 P11】
在云县、缅宁私商收购茶叶普遍使用十六至二十八两为一斤的老秤。十二月,下关茶厂通过试验,将饼茶揉制由布袋揉成圆形后再用十八公斤重的铅饼加压的办法,改用铝甑直接蒸压的方法。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。