プーアル茶年表⑳

1973年
「省茶司」が独自に輸出業務を開始。この年プーアル茶輸出量は204担、1.63万ドルの収益を得る。以後輸出経験を蓄積し、国際市場を開拓すると同時に「総公司」手配による輸出や上海と広州の茶葉会社に輸出を委託した。雲南茶輸出は自営と委託、並行して行なわれた。【雲南省茶葉進出口公司誌 P22】昆明茶廠が大葉種プーアル茶の試作に成功、生産を拡大することで、企業独自の輸出が始まる。この年香港徳信行に委託した七子餅茶は10.2t。【雲南省茶葉進出口公司誌 P160】
省茶司开始处理自营出口业务,当年出口普洱茶二〇四担,创汇一.六三万美元,从此积累出口业务经验,依靠自身力量,开拓云南茶叶的国际市场,同时又将部分出口茶叶按照总公司安排调发出口计划,调给上海和广州两岸的茶叶公司办理出口。于是云南茶叶出口渠道实现了自营与调供出口齐头并进。昆明茶厂试制大叶种普洱茶成功,乃在全省逐步扩大生产,开始自营出口,当年调香港德信行七子饼茶一〇.二顿。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。