滇青

歴史の古い茶である。大葉種茶葉を殺青揉捻にし、天日で乾燥させた晒青茶を言う。後熟(後発酵)させることによって陳化するほど深みがでるプーアル茶と異なる。以前、滇青は季節によって命名され春尖、春中、春尾、二水、谷花などのランクがあった。現在、滇青は晒青荒茶を後熟させず、篩い分けたものを言う。春蕊、春芽、春尖、甲配、乙配、丙配、春玉などの等級がある。春蕊は一級晒青荒茶を使う。大きさを分け、良いところを厳選したものだけを使うので、白毫の芽が多い。この茶は白毫の多さ、原料の精細さから「白花花的(白く光る)」と形容されている。春芽は一、二級の晒青荒茶半々の割合で作られる。春尖は中級晒青荒茶を加工したもの。中、下級の晒青荒茶を加工したものを品質の順序に従って甲配、乙配、丙配と分けられる。春玉は春蕊、春芽、春尖の副産物である。
滇青は省内各茶廠で生産されている。主に省内、西北、華北、広東などで販売される。春蕊茶は高級滇青で、その品質の良さから1986年に省優秀旅游産品賞を獲得した。贈答品として喜ばれる。【雲南省茶葉進出口公司誌 P94】
属于云南有悠久历史的茶叶,是采用大叶种茶树的鲜叶,经过杀青、揉捻后,用太阳晒干而成的优质晒青茶,它与历史上经过后熟阶段(即后发酵)俞陈俞香的普洱茶品质风格各不相同。历史上的滇青是按季节命名,有春尖、春中、春尾、二水和谷花等品质级别。现代的滇青就是选用晒青毛茶未经过后熟阶段直接筛制而成,分为春芯、春芽、春尖、甲配、乙配、丙配和春玉等花色等级,是云南绿茶中别具一格的优秀产品。春芯是用一级晒青毛茶,经过筛分,斩头去尾,对样取料,提制而成,多数为芽毫。消费者形容这个茶为白花花的,说明白毫之多,原料之细致。春芽是一、二级晒青毛茶各半加工而,春尖是中当晒青毛茶加工而成,配茶主要以中、抵当晒青毛茶加工而成,依品质顺序,分甲配、乙配、丙配的级差,春玉是春芯、春芽、春尖的副产品。滇青茶全省各茶厂均生产。成品主要销往省内和中国西北、华北、广东等地。春芯茶是高级滇青,品质优良,一九八六年曾荣获省优秀旅游产品奖,是馈赠亲友的珍品。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。