ソビエト時代のお茶作り

ソビエト連邦の茶産地だったジョージア(旧グルジア)で茶産業が急速に発展したのは1880年代。
1900年のパリ万博ではソビエトのお茶は受賞します。
1930年にAnaseuliにお茶の研究所が創立しました。
ソビエト時代に研究所研究員をされていた女性スタッフさんの古いアルバムからは、ソビエトの茶産地としてジョージア(旧グルジア)が茶作りに燃えていた時代の風景を垣間見ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。