清明餅を買って、茶葉市場をぬける🍃@杭州解放路

さわやかな日曜日の朝、先週から気になっていた清明餅を買いに、杭州を代表する老舗菓子店に。
九芝齋の創業は民国十四年(1925)年,杭州の食品商店「三齋二和」(九芝斋、采芝斋、颐香斋、叶受和、五味和)の一つです。店に入ると焼き菓子の温暖な香りに包まれました(๑˃̵ᴗ˂̵)
地下鉄1号線に乗る為、解放路の茶葉問屋街を歩いていると、龍井茶の選別がそこここで行われてます。
落ちている茶片で、道を歩くと良い香り(๑˃̵ᴗ˂̵)選別の茶粉が飛んできても嬉しいくらい。近づいたらダメだ〜!
やりとりの邪魔にならないように壁の後ろから見てるだけ。これは、もはや、好きな子を陰から見守る人みたいになっちゃってます(≧∀≦)
杭州は今が一番良い季節です。
~2018年4月1日facebook記事より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。