西湖四月波浪高し

7日朝の西湖は、歩いていると手がかじかむほど寒い〜。小さな犬が持っていた暖かそうなお茶がうらやましくなるほどですorz
風にもっていかれそうになっている柳の下を歩いていると、地面にさらさらと筆で詩を書いているご老人に出会いました。立ち止ったその時まさに書かれた翠の字に暖かい龍井茶を思い浮かべてしまった自分、文人にはなれませんねw
~2018年4月7日facebook記事より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。