4月11日の杭州早点@五芳斎

中華的朝食と言えば、お粥に豆浆が定番の一つですが、今朝は端午節には少し早いけど粽で有名な江南老子号“江南粽子大王”五芳斎へ。
数種類の粽子は平均7元、爱上豆浆6元。八宝飯缶箱の赤い団圓図が良いです^_^こだわりの粳米は、販売されてます。明日の朝は帰り道外から美味しそうな何かを作っているのが見えた清真小吃に行ってみたいと思います♪
「五芳斎その名の由来」
菓子店を営む沈氏には5人の娘が生まれ、その度に彼は店で作る菓子の材料から一字取って娘を命名しました。その名も、玫芳、桂芳、蓮芳、荷芳、芝芳。お客さんたちが親しみをこめて五芳斎と呼んだ店の渾名がそのまま店名になったと言います。
~2018年4月11日facebook記事より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。