パーン

パーンは、バングラデシュでの噛みタバコの一種です。
パーン(キンマ)の葉にビンロウジ、石灰、スパイス(パーンマサラ)などを包んだものをパーンと呼びます。
ガムのように噛んでいると、赤い汁がでで、舌は赤く染まります。(2012-01-12)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。