ビンロウ

ビンロウ(檳榔子)の噛みタバコはアジアの広い地域で行われています。
ビンロウを細く切ったり、すり潰したものを、キンマ(コショウ科の植物)の葉にくるみ、
少量の石灰と一緒に噛むと、鮮やかな赤や黄色い汁が口中に溜まります。
赤い液は飲み込むと胃を痛める原因になるので吐き出すのが一般的なのだそうです。(2012-01-13)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。