ピムス

イギリスで時々見かけた、キュウリが入っているアルコール飲料、なかなか美味しかった思い出だけで流すのもなんなので、調べてみました^^
ロンドンでオイスターバーを経営していたジェームス・ピム(James Pimm)がお客さんに出していたのが起源で、最初の発売は1840年代だとか。
ピムスは、カクテルとされることを前提に開発された混成酒で炭酸水や炭酸飲料で割って作られます。混成酒の原料は数リキュール、ハーブ、スパイス、柑橘類です。(2015-10-03)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。