民族の盛装

三連休はミャオ族の盛装を調べたのをきっかけに、以前撮ったミャオ族の画像から該当する衣装の部分を探したりして過ごしてました。
ながれで、雲南省で会ったリス族のガイドさんのことも思い出す。歓迎するために盛装で迎えてくれたのは嬉しかったけど、下にTシャツとジーパンをはいていて、暑いからってその場で脱いでましたっけ。そんな彼女でも、良いお話を聞かせてくれました。盛装は民族にとって重要で、一生大切にするもの、継承するものだと。お祖母ちゃんはお嫁に来た時に着ていた盛装で埋葬されたそうです。
このタイミングで札幌で五輪競技前に披露されたアイヌの伝統舞踊を見て、いつかウポポイに行って生で見てみたいなと思ったので、この気持ちを忘れないように、ここに記しておきます_φ(・_・

~2021年8月9日facebook記事より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。