〈Silk Road in 2007〉 ペルセポリス その4

春を祝うペルセポリスにはたくさんの民族が朝貢に訪れました。それが描かれているのはアパダーナ(謁見の間)に続く東階段のレリーフです。エチオピア人はキリンや象牙を、リビア人はアイベックス(馬)を、アラブ人はラクダを、スキタイ人(サカ族)は織物と馬を、ソグド人は汗血馬を、インド人は天秤にスパイスを、パルティア人とヒッタイト人はふたこぶラクダを、エラム人はライオンを、メディア人はズボンと織物を、アッシリア人は羊を、レバノン人は金の腕輪を献上しました。(2008-10-25)

#Once apon a time in Silk Road #絲綢之路 #シルクロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。