なつっこいこなのでした

南インドには野生の動物がたくさん生息しています。
茶山でもジャングルからジャングルに移動する野生の象が行き来しています。ベンガルトラの保護区もありましたが、残念なことに話のねたになるような大物に出会うことはなく、見ることができたのは、せいぜいお猿さんたちと牛やヤギくらいでした。
特に山にいる牛はなつっこく、人を避けるどころか近づいてくるようなこたちがぶらぶらしていました。(2012-06-22)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。