〈Silk Road in 2007〉 ドルマバフチェ宮殿 その6

ドルマバフチェ宮殿を執務に使用したケマル・アタチュルクは1938年11月10日9時5分、執務中に亡くなりました。故人を偲んで執務室の時計は彼の亡くなった時間が指し示されています。
宮殿の裏はボスポラス海峡にめんしており、トルコブルーが広がっています。(2009-03-24)

#Once apon a time in Silk Road #絲綢之路 #シルクロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。