〈Silk Road in 2007〉 国立考古学博物館 その2

イスタンブールの国立考古学博物館、展示物を代表するもののひとつがアレキサンダー大王の石棺です。石棺に彫られたレリーフはマケドニアとペルシアの戦闘場面、ライオンと鹿狩りの図、どちらもアレキサンダー大王の棺であることを証明するようなテーマとなっています。(2009-03-08)

#Once apon a time in Silk Road #絲綢之路 #シルクロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。