リゼのチャイクール社にて

1971年に設立したチャイクール(紅茶農業管理公社)。
1980年代には民営化が始まり、ユニリーバやネスレーなどの外国資本による会社も建設されました。
しれでもチャイクールは生産の半分以上を占めています。
紅茶だけでなく緑茶などの生産も積極的に行われ、会社でいただいたお茶は緑茶でした。(2014-05-02)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。