〈Silk Road in 2007〉 ニサ遺跡 その2

紀元前3世紀ごろ、パルティアはセレウコス朝を倒し、イラン高原を支配しました。紀元前247から226年の約500年間イラン東部から中央アジア一部を国土としたパルティア王国の都ニサの遺跡発掘は春と秋にイタリアとロシアの隊が行っていますが、現在の時点でまだ30%ぐらいなのだそうです。ニケ以外でわかっている2つの都市でイラクのクテシホンともうひとつヘカトンペロスは未発見のままです。ギリシアのヘレニズム文化を愛し、東西交易を行い、シルクロードを通じた世界でもその名が知られました。アルサケス朝パルティアの名前は中国の史料にも安息国として記載されています。画像はこれから発掘される部分とブドウ酒を流した管の一部です。(2008-08-17)

#Once apon a time in Silk Road #絲綢之路 #シルクロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。